エスポラーダ北海道のFP小島翼は、5月13日に自身のツイッターで、#プッシュアップチャレンジの実施を宣言した。この#プッシュアップチャレンジは、現在、流行っているバトンリレーの一つ。当初はアメリカ発祥でアメリカの退役軍人を激励するものとされていた。

このバトンを受け取った小島は、自身のツイッターでプッシュアップ(腕立て伏せ)の実行を宣言するとともに、そのツイートに付いた「いいね!」の数だけ、腕立て伏せを行うと宣言した。

この宣言に対し、チームメートのFP堀米将太が「イイネじゃなくてフォロワーの数だけやろう!」と提案。昨季限りで退団したFP和田拳斗も、「賛成」と後押しするものの、小島は「馬鹿なのか?笑」と一蹴。なお、小島のツイッターのフォロワー数は1,000を超えていた。

チャレンジ発表初日、「いいね!」が思ったより多く集まらず、小島は「こ、これだけで良いの…_(震え声)と、余裕を見せていた。

だが、徐々に「いいね!」数が増えると、少しずつ逃げ腰に……。それでも、最終的に集まった「いいね!」数と同じ207回の腕立て伏せを見事にやり遂げ、TikTokでその様子を公開した。

小島は、何度かに分けて計207回の腕立て伏せを実施。すかさず「連続じゃなかった」というツッコミが入るものの、小島は下記のように華麗にかわした。


SNSを通じて、様々な取り組みを行っている小島が次にどんなことをやってくれるのか、楽しみだ。


発信元:FUTSALX

元記事リンク:https://www.futsalx.com/view/517

おすすめの記事